Home > モンスター図鑑 > アルバトリオン

アルバトリオン

アルバトリオン
別名煌黒龍
種別古龍種
破壊可能な部位角、爪、翼膜、尻尾
咆哮
風圧
出現場所溶岩島
弱点の
肉質
有効
属性
××
状態異常麻痺睡眠めまい爆破減気
×
アイテム閃光玉音爆弾シビレ罠落とし穴設置肉こやし玉
×××××

属性は◎ > ○ > △ > ×の順で有効。
◎:最も有効 ○:そこそこ有効 △:ダメージは入るが効果は低い ×:ほぼ無効

アルバトリオンの肉質

肉質は◎ > ○ > △ > ×の順で有効。
数値の場合は、数値が高いほどダメージが与えやすい。0は無効。
部位切断打撃エキス
6065600152055
4035400105155
3530200105155
212110055105
2525200105155
尻尾303044055105

アルバトリオンの肉質(冷気まとい時時)

部位切断打撃エキス
60656020150030
40354515100020
35302015100020
2525151550010
38383515100020
尻尾30304415100020

※データは過去作のものになります。

アルバトリオンから入手できる素材

上位
本体剥ぎ取り(6回)煌黒龍の堅逆殻(33)、煌黒龍の逆鱗(29)、煌黒龍の尖爪(17)、砕けた天角(10)、古龍の血(8)、瑠璃色の龍玉(3)
角破壊報酬砕けた天角(50)、天をつらぬく角(40)、煌黒龍の逆鱗(10)
爪破壊報酬煌黒龍の尖爪(52)、煌黒龍の逆鱗(33)、煌黒龍の尖爪×2(10)、煌黒龍の逆鱗×2(5)
翼膜破壊報酬煌黒龍の翼膜(53)、煌黒龍の堅逆殻(30)、煌黒龍の逆鱗(17)
尻尾破壊報酬煌黒龍の尻尾(60)、煌黒龍の逆鱗(36)、瑠璃色の龍玉(4)

※データは過去作のものになります。

アルバトリオン攻略

MH3での集会所の最終モンスターで、MHXにも登場。
MHXでは集会所のHR80でクエストが出現する。
MH3では神域と呼ばれる特別なフィールドでの戦闘だったが、クロスでは溶岩島での戦闘となっている。(そのため、突進時に角が刺さる壁はない)

<アルバトリオンの特徴>
・ 通常状態と、雷をまとった後なる冷気まとい状態で弱点属性が異なっている。(3シリーズと同じであれば)通常は氷属性が有効で、冷気まとい時は龍属性が有効。どちらの状態でも水属性攻撃は共有して少し有効。
・ フィールドには熱でのダメージ床がある。また、アルバトリオンの咆哮後や特定の攻撃時に溶岩が噴出する。

<アルバトリオン攻略のポイント>
・ 頭が弱点部位なので、チャンスがあるときは頭を攻撃したい。
・ 麻痺状態が有効なので、麻痺にして動かないうちに弱点の頭を集中して攻撃するのが有効。また、MHXでは乗り攻撃が可能になっているので、乗りからダウンを狙うのも有効。
・ 空中飛行時に目の前に閃光玉を投げて落下させてダウンを奪うのも有効。ただしタイミングは少し難しい。
・ 通常時のアルバトリオンの攻撃では龍属性やられ、火属性やられに。冷気まとい時のアルバトリオンの攻撃では雷属性やられと氷属性やられになる。属性やられ対策には「打ち消しの実」が有効。
・ 飛行状態が多いので、飛行中でも攻撃のチャンスを作れるエリアルスタイルが近接武器の場合は有利。また、乗り状態から貴重なダウンを奪えるのも重要なポイント。
・ 弱点属性は変化するので、属性なしの物理攻撃力の高い物理攻撃力の高い武器で望むのも有効、

アルバトリオンの攻撃パターン

攻撃方法詳細
爆発ブレス前方に炎のブレスを吐き、爆発する。
突進攻撃前方に突進して攻撃する。
通常時は、くらうと龍属性やられになる。
落雷攻撃雷を落下させて攻撃する。
引っかき攻撃前方を前脚で引っ掻いて攻撃する。
通常時は、くらうと龍属性やられになる。
バックジャンプ炎ブレス後方にジャンプしながら炎ブレスを吐く。
氷ブレス(空中時)空中に飛行しているときに使ってくる。
氷のブレスを地面に向かって吐き続ける。
または、つららのような氷のブレスを放つ。
雷叩きつけ攻撃(空中時)雷属性を伴った叩きつけ攻撃を、空中から連続して行う。
氷柱落とし(空中時)空中にいるときに使ってくる。
アルバトリオンの周囲に冷気が集まり、フィールドにランダムに氷の柱を複数落下させる。
 

Home > モンスター図鑑 > アルバトリオン

PAGE TOP