Home > 武器の斬れ味とダメージ補正、はじかれの関係

武器の斬れ味とダメージ補正、はじかれの関係

武器の斬れ味とダメージのの関係についてです。

モンスターハンターでは、武器ごとに斬れ味が設定されています。
斬れ味には色が赤、橙、黄色、緑、青、白、紫とあり、斬れ味が高いほど攻撃時に与えるダメージの補正が大きくなり、攻撃時に弾かれにくくなります。
言ってしまえば、斬れ味は高ければ高いほどいいのは間違いはないのですが、具体的には以下のようになります。

(1)ダメージ補正について

まず、武器の斬れ味ゲージとダメージ補正については、以下の通りです。

ゲージの種類 物理ダメージ倍率 属性ダメージ倍率
赤ゲージ 0.5 0.25
橙ゲージ 0.75 0.5
黄ゲージ 1 0.75
緑ゲージ 1.125 1
青ゲージ 1.25 1.0625
白ゲージ 1.32 1.125
紫ゲージ 1.44 1.2

※ 紫ゲージの武器はモンハンクロスに存在するかどうかは不明です。
また、細かいダメージ倍率は過去作を参考にしてるので変更になっている可能性もあります。

ゲージのランクが高いほど倍率が高くなり、低いほど低くなります。
また、物理ダメージと属性ダメージでは倍率の計算が異なります。属性ダメージも斬れ味の影響を受けているということがポイントです。
また、毒、麻痺などの状態異常に関しては、斬れ味の影響は関係ありません。

そのため、武器の攻撃力を計算するとき、表示上の攻撃力だけではなく、斬れ味がどうなのかというところがポイントとなります。

(2)斬れ味ゲージとはじかれの関係

モンスターの特定の部位に攻撃をすると、ガツンという音がして、攻撃がはじかれる場合があります。
攻撃がはじかれるかどうかは、「攻撃をした箇所のモンスターの肉質」と、「武器の斬れ味」と「攻撃ごとのモーション値」が関係しています。攻撃力は関係がありません。

具体的な計算としては、

モンスターの部位ごとに設定されている肉質の値×(1)の斬れ味ゲージごとの補正値 × 攻撃の切れ味補正

の値が一定の値以下の場合攻撃がはじかれます。

分かりやすく言えば、斬れ味が良いほどはじかれにくくなり、肉質が硬いほどはじかれやすくなります。

武器によっては、ある攻撃の種類によって補正がかかる場合もあります。
例えば大剣の溜め斬り、片手剣の剣攻撃、太刀の鬼人ゲージ点滅時、鬼人弾の効果中などは補正を受けて弾かれにくくなります。

攻撃がはじかれてもモンスターにダメージは与えらていますが、斬れ味ゲージの消費が倍になるのと、はじかれモーションのために攻撃でダメージを与える効率が低下します。
ただし、最終的にモンスターに与えるダメージ自体に、肉質が関係しているため、肉質が硬い部位に攻撃するほどはじかれやすくなるだけでなく、与えるダメージの量も低下します。

例えばリオレウスの肉質を例にあげると、リオレウスの弱点である頭に攻撃をした場合と、肉質が硬い翼に攻撃をした場合では、頭に1回攻撃をするのと翼に3回攻撃するので与えるダメージが同じという計算になります。
そのため、部位破壊は関係なく、モンスターを倒す効率やタイムアタックを考える場合、モンスターの肉質についての知識はあったほうが当然有利になります。

また、スキル「心眼」があった場合、どんな斬れ味や部位に対しても、はじかれが発生しなくなります。(ただし、当然のことながら肉質の硬い部位に攻撃をした場合ダメージ効率は低くなります)

Home > 武器の斬れ味とダメージ補正、はじかれの関係

 
各種データ
防具・スキルデータ
武器データ
武器ごとの各種人気ランキング
MHXX(ダブルクロス)情報
基本情報
狩猟スタイル
オトモ、ニャンター
狩りの基礎知識
モンスターデータ
二つ名持ちモンスターデータ

topヘ戻る