Home > モンスター図鑑 > ガララアジャラ

ガララアジャラ

ガララアジャラ
別名絞蛇竜(こうだりゅう)
種別蛇竜種
破壊可能な部位頭部、後脚、背中、尻尾
咆哮
出現場所森丘(3,5[休],10)、沼地(2[休],4,5,6,8)、原生林(1,3,4,5[初],8[休])
弱点の
肉質
頭、後脚頭、後脚頭、後脚
有効
属性
状態異常麻痺睡眠めまい爆破減気
アイテム閃光玉音爆弾シビレ罠落とし穴設置肉こやし玉
××

属性は◎ > ○ > △ > ×の順で有効。
◎:最も有効 ○:そこそこ有効 △:ダメージは入るが効果は低い ×:ほぼ無効

ガララアジャラの肉質

肉質は◎ > ○ > △ > ×の順で有効。
数値の場合は、数値が高いほどダメージが与えやすい。0は無効。
部位切断打撃エキス
8580750510155
40404505050
303030102010255
共鳴器官15201010255305
尻尾5045450105100
前脚2535401055355
後脚6060650510150

ガララアジャラの肉質(疲れ時)

部位切断打撃エキス
共鳴器官45504510255305
尻尾5050450105100
後脚6565700510150

ガララアジャラから入手できる素材

下位上位
本体剥ぎ取り(3回)絞蛇竜の牙(30%)、絞蛇竜の甲殻(45%)、絞蛇竜の皮(20%)、寒気立つクチバシ(5%)寒気立つクチバシ(10%)、絞蛇竜の堅甲(45%)、絞蛇竜の上皮(25%)、絞蛇竜の牙(20%)
捕獲報酬絞蛇竜の皮(13%)、絞蛇竜の甲殻(24%)、絞蛇竜の鳴甲(15%)、絞蛇竜の牙×2(28%)、絞蛇竜の骨髄(10%)、麻痺袋×2(10%)絞蛇竜の堅殻(24%)、絞蛇竜の牙x2(15%)、絞蛇竜の上皮(14%)、麻痺袋x2(10%)、絞蛇竜の上鳴甲(15%)、絞蛇竜の延髄(8%)、竜玉(4%)
頭部破壊報酬絞蛇竜の牙×2(80%)、寒気立つクチバシ(20%)絞蛇竜の牙(60%)、寒気立つクチバシ(10%)、絞蛇竜の牙×3(30%)
後脚破壊報酬絞蛇竜の甲殻(50%)、絞蛇竜の皮(30%)、竜骨【大】×2(20%)絞蛇竜の上皮(28%)、絞蛇竜の堅殻(48%)、尖竜骨x2(16%)、絞蛇竜の甲殻×2(8%)
背中破壊報酬絞蛇竜の甲殻(39%)、絞蛇竜の鳴甲(58%)、寒気立つクチバシ(3%)絞蛇竜の上鳴甲(56%)、絞蛇竜の堅殻(28%)、寒気立つクチバシ(8%)、絞蛇竜の鳴甲×2(8%)
尻尾破壊報酬絞蛇竜の皮(37%)、絞蛇竜の鳴甲(58%)、絞蛇竜の骨髄(5%)絞蛇竜の上皮(35%)、絞蛇竜の上鳴甲(52%)、絞蛇竜の延髄(5%)、絞蛇竜の皮(8%)
落とし物(2回まで)条件:囲い込み中に頭部のひるみを発生させたとき
竜のナミダ(65%)、絞蛇竜の鳴甲(25%)、寒気立つクチバシ(5%)、絞蛇竜の骨髄(5%)竜の大粒ナミダ(48%)、竜のナミダ(32%)、絞蛇竜の延髄(5%)、寒気立つクチバシ(15%)
G級
本体剥ぎ取り(3回)身も凍るクチバシ、絞蛇竜の重殻、絞蛇竜の厚皮、濃縮麻痺袋
捕獲報酬絞蛇竜の重殻、絞蛇竜の重鳴甲、絞蛇竜の厚皮、濃縮麻痺袋、絞蛇竜の延髄、竜玉、大竜玉
頭部破壊報酬濃縮麻痺袋、身も凍るクチバシ、寒気立つクチバシ
後脚破壊報酬絞蛇竜の厚皮、絞蛇竜の重殻、重骨骨×2、絞蛇竜の堅殻×2
背中破壊報酬絞蛇竜の重鳴甲、絞蛇竜の重殻、身も凍るクチバシ、絞蛇竜の上鳴甲×2
尻尾破壊報酬絞蛇竜の厚皮、絞蛇竜の重鳴甲、絞蛇竜の上皮、絞蛇竜の延髄
落とし物(2回まで)条件:囲い込み中に頭部のひるみを発生させたとき
竜の大粒ナミダ、絞蛇竜の延髄、身も凍るクチバシ

ガララアジャラ攻略

MH4シリーズからMHXに再登場となった、蛇のように長い体と動きに加え、獲物を締め付けて捕食する姿から「締蛇竜(こうだりゅう)」と呼ばれているモンスター。
モンスターハンタークロスでは森丘のフィールドなどに出現する。
背中と尻尾にある「鳴甲(めいこう)」という甲殻をこすりあわせて空気を振動させ、特殊な音波を発生させる。
長い体を生かして、とぐろを巻いてプレイヤーを囲い込んでくるような、これまでにないプレッシャーのかけかたをしてくるモンスターとなっている。
体内には神経性の毒を保持しており、鋭い牙で噛み付くと同時に毒を注入して獲物を仕留める他、音波を発生させて周辺にダメージを与えたり、ひるませてくることもあるのが特徴。
また、地面に潜行して地中を移動し、プレイヤーの真下から飛び出してダメージを与えてくることもある。
ガララアジャラの攻撃で一番やっかいなのが、囲い込みからの攻撃だ。攻撃対象を円状に囲んでから体当たりやかみつき攻撃をしてくる。
体当たりはガード不能な他、かみつきには麻痺の効果がある。囲い込まれたらすぐに脱出するのが安全だが、余裕があるなら逃げずに攻撃することでダメージを与えることも出来る。体勢を崩すことができれば少しの間ガララアジャラは無防備になり、落し物も手に入る可能性がある。
ガララアジャラのしてくる共鳴器官の破片を破裂させてくる攻撃は攻撃範囲が広いため、離れるかガードで対処。余裕があれば攻撃することで破片を破壊することも可能。
なお、ガララアジャラの首周りについている共鳴器官は通常時は肉質が堅く攻撃がはじかれやすいが、疲労時にはダメージが通りやすくなる。
ガララアジャラから距離を離れていると、2回に分けて大きく体当たりをしてくることがある。通常時であれば危険な攻撃だが、疲れていると体当たり後転倒してしばらく動けなくなるので、部位破壊可能な背中を集中攻撃するチャンス。疲労時は距離をとってあえて体当たりを誘うのも一つの戦法。

<ガララアジャラ攻略のポイント>
・ 氷属性での攻撃が最も有効。次点で水属性が有効。
・ 硬い鱗に覆われていて肉質が硬いため攻撃が弾かれやすい。
近接武器の場合、通常は狙いやすくダメージが通りやすい後ろ脚への攻撃が狙い目。一番の弱点は頭なのでダウン時などチャンスがあれば狙っていきたい。
・ 疲労時は肉質が軟らかくなり、一部の攻撃時に転倒するようになるのでチャンスとなる。
・ 囲い込みをされた場合、途中でくる麻痺噛みつき攻撃を回避して抜けるか、最後にくる巻き突き上げの直前に回避で抜けやすい。操虫棍やエリアルスタイルの場合、ジャンプで簡単に抜けることが可能。
・ 背中の鳴甲(めいこう)と呼ばれる硬いウロコのような共鳴機関は肉質が硬いが、乗り攻撃で破壊しやすい。また、疲労時には肉質が軟らかくなる。
背中の部位破壊後は、振動波の攻撃後にダウンして隙ができるようになる。

ガララアジャラの攻撃パターン

攻撃方法詳細
噛み付き鋭い牙で噛み付くと同時してくる。
クエストが上位以上の場合は麻痺状態になる。
尻尾叩きつけ長い体躯を生かして眼前にいる敵を尻尾で打ち据える。
囲い込み〜締め上げダメージが大きくガララアジャラの攻撃の中で最も危険な攻撃。
長いからだでとぐろを巻くようにしてプレイヤーを締め上げる。耳やられ状態になったハンターを狙って締めあげてくる。
巻きつき攻撃の対象になった場合、途中でしてくる麻痺噛みつき攻撃か、最後の突き上げの直前を狙うと回避しやすい。
また、こやし玉でひるませて脱出することも可能。
回りこまられた後、麻痺噛みつき攻撃を受けて麻痺状態になってしまうと確実に最後の突き上げ攻撃を受けて大ダメージを受けてしまうので注意が必要。
振動波背中と尻尾についている「鳴甲」と呼ばれる甲殻を振動させることで、空気を振動させて特殊な音波を発生させて獲物の動きを封じる。
背中の部位破壊後は攻撃後にダウンするようになる。
潜行~突き上げ地面に潜って潜行し、プレイヤーの下から突き出してダメージを与える。
鳴甲飛ばし鳴甲と呼ばれる鱗を飛ばした後、ガララアジャラが咆哮をしたり、尻尾を鳴らして音波を出したときに、共鳴して地面に落ちていた鱗が爆発し近くにいるとダメージを受ける。
ウロコの爆発はガード可能な他、地面にあるときは一度攻撃することで破壊することも可能。
体当たり2回に分けて体当たりをして攻撃してくる。
疲労時には転倒する。
ガララアジャラから距離が有るときに使ってくることが多い攻撃。

ガララアジャラが出現するクエスト

種別名称メインターゲット
村★4絞蛇竜は踊り奏でるガララアジャラ1頭の狩猟
村★4ガララアジャラの狩猟ガララアジャラ1頭の狩猟
村★6毒まみれの沼地全ての大型モンスターの狩猟
村★8嗚呼素晴らしき也、絞蛇竜ガララアジャラ1頭の捕獲
村★8宣伝ネコの受難ガララアジャラ1頭の狩猟
村★10逃れられない沼地の窮地全ての大型モンスターの狩猟
イベント★7長い者に巻かれた!全ての大型モンスターの狩猟
イベント★7カプコン・壮大なオルケスタガララアジャラ(獰猛化)1頭の狩猟
集会所★2ガララアジャラの狩猟ガララアジャラ1頭の狩猟
集会所★2絞蛇竜は踊り奏でるガララアジャラ1頭の狩猟
集会所★5絞蛇竜は踊り奏でるガララアジャラ1頭の狩猟
集会所★6沼地の狂騒楽団全ての大型モンスターの狩猟
集会所★6絞蛇竜は不気味に嗤うガララアジャラ(獰猛化)1頭の狩猟
集会所★G2陰湿毒沼の狂想曲ガララアジャラ1頭の狩猟
集会所★G4森丘からの伝書全ての大型モンスターの狩猟

topヘ戻る